スポーツを快適に行うならインナーの素材は吸汗速乾にこだわろう

スポーツ選手がユニフォームの下に着用するインナーですが、このインナー一枚とってもスポーツ選手のタイムを伸ばすことやスポーツを快適にするために、どのようなものを選ぶかが重要になってきます。

スポーツ選手にとって良いインナーの素材とは何か

スポーツ選手が運動していくうえで一番と言っていいほどに気にしていること、それはタイムを上げること、試合で良い結果を残せることなのではないでしょうか。苦しい練習に耐えて頑張ってきたからこそ、その頑張りに結果が付いてきたら嬉しいものです。良い結果を出すためにはユニフォーム一枚にもこだわっていかなければいきません。例えば、インナーです。インナーは選手の肌とユニフォームの間に着るとても大切な役目をするものです。着心地や機能性、速乾力などに優れたものを着ることによってより快適にスポーツを行なうことができるわけです。

インナーの素材はこれがおすすめ

インナーの素材で、良いものはたくさんあります。例えば、吸汗速乾の機能です。スポーツ選手は当然汗をたくさんかきます。汗がそのままの状態だと、衣服に染みこんで重たくなります。また速乾性が悪いと、ずっとその状態が続いてしまうわけです。吸収性があって速乾力がある素材のインナーを着用することで、その悩みも解決します。やはり吸収力と乾きが良いものは、着ていて快適に過ごすことができます。

インナーの素材でこれが付いていると運動能力が引き出される

伸縮力のあるインナーは、スポーツ選手にとってなくてはならない素材です。身体にしっかりとフィットして伸縮性がある素材のインナーは、運動をしている選手の動きに合わせて伸縮するのでスポーツ選手の動きを邪魔しません。伸縮性があるインナーは、あらゆるスポーツのさまざまな動きに柔軟に対応できる万能の素材と言えます。

インナーは着用し続けても擦れが起きない素材でできている

インナーは肌と直接触れる衣服になります。ランニングなど上下に揺れる運動では衣服と肌がこすれて肌が擦れてしまう場合があります。そういった擦れを予防してくれるのもインナーの役目です。

インナーはスポーツ選手の必需品

このように様々な機能を持つインナーはスポーツ選手にとってなくてはならない大切なものと言えます。インナーにこだわることによって、より快適により自分の能力を引き出せるようになります。

スポーツをする際に使用するインナーにはどのような素材が良いのか?

スポーツなどの運動をする時に身につけるインナーにはどのようなものがあり、どれがベストなのでしょうか。

1年を通して普段から何かと着用する機会の多いインナーですが、具体的にはどのような素材を使用して作られているかご存知でしょうか? やはり直接肌に身につけるものなので、素材を気にする人も多く、それぞれの好みやデザインで選んでいる人もいらっしゃることでしょう。
インナー製品を製造する過程でも素材の選択は重要な要素になります。

繊維の種類は2つ

素材の元となる繊維の種類は、大きく分けて化学繊維と天然繊維の2つになります。それぞれの違いは、主となる原料が全く異なるということです。そして繊維となる性質や形状の性質も異なっています。

素材となる生地の製造方法は主に2種類あって織物と編物があります。織物は緯糸と経糸と2本の糸を使用して織ります。織物製品の代表的な作品にはジーンズやシャツなどがあります。
それとは違い編物はニットとも言い、1本の糸を使用して編んでいきます。生地に伸縮性があることが特徴で、直接体にフィットしやすいこともあり下着などに使用されています。

素材について解説

スポーツなどで使用する機能性インナーは石油製品になりますが、他には自然素材と呼ばれるシルクやコットンなどの素材があります。
シルクはコットンの約1.5倍の汗を吸って放出しますが、肌の水分量以上は保水しないため、体を冷やしにくいのが特徴です。
逆にシルクは、伸縮性がなく、洗濯などの外的要因による劣化速度が早いというデメリットがあります。そのため、ポリウレタンを入れて伸縮機能を生かしたシルクもあります。

またウールは発熱性の素材であるため、水分を吸っても保水しなくて発熱する効果があります。機能性インナーや発熱性の素材と呼ばれる製品は、化学繊維を用いてウール繊維の構造を再現しています。
ウール素材のデメリットとしては、ウール繊維の凹凸が肌に触れてチクチクした独特の痛みを感じることです。その違和感をなくすために、最近ではこの凹凸を取り除いた機能性インナー製品も出てきています。

まとめ

機能インナーの生地となる素材には、コットンやウール、シルクなど様々な種類があります。そのために、あなたが使用すべき用途や季節、時期などによって着用するインナーを素材で上手に使い分けることで活用してください。