運動用のインナーは、テンションを高めるだけではない。

そもそもスポーツ用インナーはなぜ存在するのか

女性は、どんな服を着ていてもやはりインナーは欠かせません。素肌を見せたくない、下着のラインを、また下着そのものを見られたくないという気持ちもありますし、日焼け防止など理由は様々です。昔から女性用のスポーツインナーはよく見かけました。しかし最近は男性でもインナーを着ることが多くなってきました。汗をかいた時に、ウェアがまとわりつくことが、インナーそのものに運動機能を高める機能などが追加され、インナーの有効性が高まってきているといえます。

インナーといえども、専門性の高い商品は少し高めの金額

インナーを選ぶときの、おすすめポイントは快適性です。インナーを着たため汗でウェアがべたついたのでは、意味がありません。ダイエット効果がある場合もありますが、本来の目的とは離れてしまいます。また価格と機能、もしくは納得できる品質と値段のバランスです。インナーはウェアよりも劣化が早く、また、小まめに着替える必要があります。ですから確実に2枚以上持っていることが安心です。しかし高額になると、なかなか替えを用意することをためらってしまいます。そのような状態ですと、高機能のインナーは試合用、普通の下着機能のものを練習用として使うことになります。もちろん経済的ですし、それで十分だという人もいると思いますが、スポーツのように積み重ねが大切な事柄では同じ環境を用意してあげたいものです。

スポーツ用インナーのおすすめポイントは機能性

スポーツ用品のインナーの機能とは、汗を吸う、通気性をよくする、冷感、保温機能という通常のインナー以外の機能があります。それは筋肉の疲労を軽減するという点です。筋肉の振動を抑え、身体を固定し安定させるなど、運動補助機能の高く疲れにくく運動効率を上げるという点が、インナーをおすすめする大きな理由です。水着にも、機能性の高いものがあります。たかが布一枚と思いがちですが、素材や繊維の編み方、運動力学などの発展により、高度な技術をもつ商品が多く出てきています。ただし、機能を求めすぎると高額になる点は注意が必要です。

重要な役割があった、インナーの価値

スポーツ用品のインナーは、通常のインナーとは違い、運動性能を高め、疲労を軽減するという機能がついていることが多いです。またそのような機能がついていなくても、比較的動きやすさを追求している物が多く、運動用に着替え用も含め2,3枚は持っていると便利です。日焼け防止、怪我防止、汗を吸収し、臭いを軽減する。これだけでも、とても助かります。